サイトデータをバックアップする

大事なサイトデータをバックアップし、誤って削除や変更してしまった場合に備える方法が3つあります。

削除したサイトやページを復元したり、故障したPCやサーバー上からサイトデータを抜き出すことはできません。バックアップ機能や複製とは別に、必ず定期的にサイトデータのエクスポートを行うことを推奨いたします。

1.サイトデータのバックアップ機能を使う
2.サイトデータを複製する
3.サイトデータをエクスポートする

まず、サイトシアターの「マイサイト」からバックアップしたいサイトを選びます。


サイトデータのバックアップ機能を使う

サイトをバックアップし、以前バックアップをした状態に遡ることができます。〈バックアップ〉アイコンをクリックして、〈バックアップ作成〉をクリックします。

確認メッセージが表示されるので、〈はい〉をクリックします。
バックアップファイルは、10ファイルまで保存できます。それ以上保存しようとすると、バックアップ時に古いものから削除されます。

メッセージが表示されるので、〈OK〉をクリックすると、サイトデータのバックアップファイルが保存されます。

バックアップしたサイトデータを使って編集したい場合は、〈バックアップ〉アイコンをクリックして、編集をしたい日時をクリックします。

ここで表示されるバックアップ日時は、バックアップデータ作成時の日時です。バックアップファイルが複数ある場合は、バックアップ日時は複数表示されますので、編集したい日時のものを選択してください。

確認メッセージが表示されるので〈はい〉をクリックします。

サイトが復元され、確認メッセージが表示されます。
〈はい〉をクリックすると、サイトエディタが表示されます。

BiNDのサイトデータとバックアップデータの保存先について
【サイトデータ】
Windows版:ドキュメント(マイドキュメント)フォルダ > DIGITALSTAGE > MyBiND10_Sites
Mac版:サイトデータ:HD > 書類 > DIGITALSTAGE > MyBiND10_Sites

【バックアップファイル】

MyBiND10_Sites > xx(サイトID)_backups フォルダ内に、保存した日時「西暦年月日時分秒.zip」の形式で保存されます。


※例:2015年10月1日10時30分53秒の場合、ファイル名は「20151001103053.zip」となります。
このデータも、インポートデータとして取り込むことが可能です。


サイトデータを複製する

作成したサイトを複製することもできます。
〈複製〉アイコンをクリックします。

表示されたダイアログで、〈はい〉をクリックします。


サイトシアター内にサイトが複製されます。


サイトデータをエクスポートする


〈設定〉アイコンをクリックし、〈サイトをエクスポート〉をクリックします。

サイトデータが「.zip」の拡張子がついたファイルとして保存されます。

BiNDクラウドプロコース以上の環境で〈サイトをエクスポート〉ボタンが表示されない場合、ブラウザにキャッシュが残っている可能性がございます。キャッシュの削除を試された上で今一度表示をご確認ください。